除草剤は人体に危険?~除草剤の特徴について解説~

アレルギーを起こす植物や草木に寄ってくる生物の紹介 アレルギーを起こす植物や草木に寄ってくる生物の紹介

除草剤は危険?~きちんと扱うと便利です~

業者は除草剤を使って作業をしてくれます。しかし、中には除草剤を使った草刈りや抜根作業は人体に影響を及ぼすと考えている人もいます。そこでどのような影響があるのか説明していきます。

除草剤の危険性について考える


作業で除草剤を使うことがあると聞きました。人体への影響を教えてください。
除草剤に「非選択的除草剤」と「選択的除草剤」の2種類があります。非選択的除草剤は化学合成物質が残留しないため環境に優しいですが、性ホルモン、胎盤形成に影響があるという報告があります。一方で選択的除草剤は、安全基準をクリアしているものが製品化されているため、高い安全性を誇っています。しかし日本には規制されていない商品もあり、それらを使用すると発がん性物質、致死毒性物質などの人体への影響もあります。
威力が弱いものでも子供やペットには危険じゃないですか?
日本で販売されている除草剤は基本的に安全性が高いですが、除草剤を撒いた直後の草を犬や猫が誤って食べると確かに危険です。病院に運ばれたり、死に至ったりするケースもあると報告されています。また子供が除草剤がかかった草を触った手で、目や口を触ってしまう可能性も考えられます。他にも、安全な除草方法はあるので、よく考えてから依頼するとよいでしょう。
除草剤を使うメリットは何ですか?
除草剤は草むしりや草刈りより料金がリーズナブルです。1平方米あたり200円~行なってくれます。これなら敷地が広いご自宅でも安心して任せられます。また除草剤には草木を生えにくくしてくれる効果もあります。何度も草刈りや抜根をするのが面倒な方に最適でしょう。

知識や技術を持った業者なら除草剤を安全に扱えます。メリットも多いので検討をしてみてはどうでしょうか。除草剤以外の草刈りや抜根方法が良い場合も相談をしてみてください。

TOPボタン