人体の危険を守るために道具の扱い方や草刈り方法をマスターしよう

アレルギーを起こす植物や草木に寄ってくる生物の紹介 アレルギーを起こす植物や草木に寄ってくる生物の紹介

道具を扱う難しさ~一歩間違えると危険~

人体を守るために草刈りを行ないましょう。しかし、方法を間違えるとかえって危険な目に遭うこともあります。どのような危険性があり、どう注意すれば良いのか把握しておきましょう。

草刈りに伴う危険性


草刈り機をうまく扱える自信がないのでカマを使いたいです。カマならケガの危険性は少ないですか?
草刈り機は便利ですが扱いが難しいため、慣れていない人はカマでの作業がおすすめです。しかし誤った使い方をすると怪我をしてしまう可能性があるため、正しい使い方を覚えておきましょう。例えば、自分の体に向かって草刈りを行なっていると手足を切ってしまいます。そのため、カマは奥に振りかざすように使い、草束をしっかりと握って刈ることがポイントです。
しっかりと掴んでいれば草刈り機でケガをすることはありませんか?
草刈り機をしっかりと掴み固定をしたとしても、歯の部分が小石や空き缶に当たると自分の体に飛んでくる場合があります。飛び石が目に入り激痛、飛んできた空き缶で打撲といった事故例もあります。そういった危険から身を守るためにも防護メガネ、フェイスシールド、防護手袋、すね当て、安全靴などの保護具を装着しましょう。
ケガ以外に考えられる危険は何がありますか?
草刈り時は熱中症の危険性もあります。日光に長時間当たると体内の水分や塩分バランスが崩れてしまい、体温調整ができなくなります。そして頭痛や吐き気、筋肉痛といった様々な症状が体に現れます。症状がひどくなると意識障害も起こり命にも関わるため、熱中症を甘く見てはいけません。熱中症対策としてまずは、太陽が照りつける下での作業は避けましょう。そして水分補給をこまめにとり、皮膚にタオルを覆ったりして日差しが皮膚に当たらないようにしてください。

作業中にも様々な危険性がつきまといます。自分で対策をしながら草刈りをすることも大切ですが、人体を保護したい場合は業者に依頼する方が賢明です。

TOPボタン